So-net無料ブログ作成
検索選択
word06.jpg

社労士試験の合格ラインは7割だから

あなたは社労士試験に合格するために
どれくらい勉強しなければならないと思いますか?


一般に多くの講師
合格するためには、1000時間前後の勉強が
必要と受験生に言っているようです。


ということは、
例えば半年で合格しようと思ったら、
1日に5時間半の勉強をしないと
1000時間を達成できません。


ですが、お仕事をしながらでは
この勉強時間を確保するのは
ほぼ不可能でしょう。


つまり、
一般的なスクールでの勉強法では
仕事で忙しい社会人にとっては
短期間で合格することは
不可能ということになります。


ある社労士受験コンサルタントの本には、

基本書に載っていることは全て大切であり
素人には何処が重要かの判断はできないので、
全て覚えておくべき。

と書いてありました。


つまり、基本書を丸ごと
覚えようとする勉強法だったわけです。


しかし、冷静に考えれば
社労士試験の合格ラインは7割ですから

満点を目指すのでないのなら
分厚い基本書を丸暗記する必要はありません。


社労士試験の問題を分析してみると、
出題分野・項目には明らかに傾向や偏りが存在します。


基本書を隅から隅まで押さえていくというのは、
合格という観点からは無駄な部分が多いですから、
非常に負荷のかかる勉強法と言えます。


しかし
社労士試験の講師歴19年の坪義生さんが

「19年間の指導経験」

「徹底的な試験問題の分析」

から確立した半年合格プログラムでは、
そこまでの勉強時間は必要ありません。



たとえ仕事が忙しい平日でも
朝1時間と夜1時間半の勉強だけで
合格ラインを突破できるプログラムになっています。


世間一般に言われている「半分以下」の勉強時間でも
短期間で社労士試験に合格できるのです。

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法



社労士試験の講師歴19年の坪義生監修の、社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法をご案内しています。


[編集]
共通テーマ:資格・学び
Copyright © 社労士試験に独学で短期一発合格!坪義生のツボ式学習法 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。